ペット探し専門探偵の相場って?

探偵に任せればすぐに見つかる

どんなペットを探してほしいのか

一緒にペットを探す意識を持つ

探偵に任せていれば、自分は何もしなくて良いと思っている人が見られますが、それは異なります。
任せっきりにするのではなく、協力してペットをしてください。
飼い主は写真を提供したり、ペットの特徴を伝えるという大事な役割を担っています。
写真は、正面だけでなく横や後から見たものも提供しましょう。

さらに手術をした後や、模様の特徴なども伝えれば見つけやすくなります。
街中には、ペットに姿が似ている動物がたくさんいるかもしれません。
ですから見極めるための、特徴が必要です。
人懐っこいなど、性格の特徴も伝えると良いですね、
たくさんの情報を提供することで、探偵は探すのが楽になります。
どんな情報でも良いので、伝えてください。

散歩コースにいるかもしれない

犬は、毎日散歩をしていると思います。
もしかしたら迷子になったペットは、散歩コースをさまよっているかもしれません。
探偵に、いつも行く道を伝えてください。
複数の散歩コースがある場合は、その全てを探す必要があります。
探偵と手分けして探していれば、散歩コースをすぐに確認し終わるでしょう。

散歩コース以外に、ペットが行きそうな場所を考えてください。
ペットとの普段の生活を思い出せば、行きそうな場所がわかると思います。
優秀な探偵でも、提供される情報が少ないとどこを探せば良いのかわからなくなってしまいます。
結果、捜索日数が増えて費用が高くなります。
早くペットを探すためには、こちらが情報を提供することが大事だとい忘れないでください。


この記事をシェアする
TOPへ戻る